トスコで家を建てられたお客様達の声

TOSCO
TOSCO

VOICE

自然素材にこだわったナチュラルモダンな家

名古屋市 M様

Q.なぜお住まいを新築しようとお考えになったのですか?
Mさん:長女の小学校入学が近づき長男も大きくなってきたことから、2~3年前から土地を探していましたが、以前住んでいた場所に近く、学校や児童館、プールといった施設が近所であること、南向きで予算に近い価格だったことから昨年7月にこの土地を購入しました。
Q.弊社を知ったきっかけは?また弊社を選んで戴いた理由は?
Mさん:家を建てるために集めた資料の中の1つの「東海の注文住宅」という冊子で貴社を知りました。
私たちが望む家のイメージと似ていたことからここがよいと思い、実際に営業担当の方と話すと私たちの要望を真剣に聞いて戴けたので、安心して任せられると感じ貴社を選びましたが、特に決め手となったのは「SE構法」です。私たちは以前から、”家を建てるならば自然な木の温もりを感じられる木造の家”という強い拘りがあり、当初は郊外にログハウスを建てることに憧れていました。実際には名古屋市内に土地を購入しましたが、都心では敷地面積が限られる上に予算の制約もあり、狭さをフォローするために3階建てにすると耐震性で不安を拭えませんでした。しかし貴社から提案のあった「SE構法」ならば一般的な耐力壁の倍以上の強度を持ち、3階建ての木造建築でも十分な強度を確保できて費用も予算に近い額だったことから、これが貴社を選ぶ決定打となりました。
Q.家造りに対する要望や拘った点はどこですか?
Mさん:先に述べた「木造の家」というのが最も拘った点ですが、特に2階のリビングダイニングには私たちの拘りが満載です。
全体を白を基調に纏めつつ、フローリングは通常のサイズよりも幅広の杉板で葺き、壁は木目を活かした板と白いクロス貼り及びキッチンのカウンター背面のタイル貼りという感じでメリハリをつけました。天井もダイニング側は白のクロス貼り、リビング側はビンテージ感を出すために床や壁よりも暗色の杉板の鎧貼りにし、リビングの天井をダイニング側よりも10㎝ほど上げて段差をつけたことに加え両者の区切りを斜めに引くなどの工夫を凝らして立体感とデザイン性を演出しました。また、強度に不安がなくなったことから南側に特注最大寸法の窓を設けることもできて明るく快適な部屋に仕上がりました。

奥様:キッチンの脇にサービスバルコニーを設けたので、ここにエアコンの室外器や仮置きのゴミなどもおけるため、外から見える南側のリビングバルコニーはすっきりとして非常に良い感じです。また、こうした部屋の持つ雰囲気と調和した木製の造作家具も導入しました。
Q.弊社からの提案で取り入れたものや良いと思ったものはなにかありますか?
Mさん:もちろん貴社からの提案で真っ先に取り入れたのは「SE構法」ですが、キッチン脇のサービルバルコニーなども貴社からの提案です。
2階のリビングダイニングの色々な拘りも私たちと営業担当の方、設計士の先生、現場監督の方といった貴社のスタッフの皆さんと数多く話し合った結果、色々な案が出たため実現しました。
Q.家造りにおいて印象に残ったことは何ですか?
Mさん:週1回打合せを持ち、着工するまでに20回前後、着工後も完成までに2~3回話合うなどとにかく忙しくて大変でした。
休みの日も満足に遊びにいけないなど、子供たちにもつらい思いをさせましたが、何もない更地に次第に家が建っていく姿をみていると家を造っているという実感が湧いてきて非常に楽しく、実際に完成した家が理想としたものだった時には非常に大きな感動を覚えました。大変だった打合せを重ねてとことん話合ったからこそ、理想の家が実現したと思うと今ではいい思い出です。改めて当時を振り返ってみると色々な意味で貴社を選んで本当に良かったと感じています。

奥様:特に作業中の忙しい中で、中を見たいとねだる子供たちの無茶な要望にもいやな顔一つせずに現場監督さんが親切に対応してくれたことが強く印象に残っております。また私たちとスタッフの皆さんの感性が合い、こちらのイメージをしっかりと具現化して頂けたことも印象に残っています。
Q.出来上がった住まいで自慢したいところや実際に住んでみての住み心地はいかがですか?
Mさん:まだ入居して10日ほどですが,木の感じが心地良く、天井も高くて狭さを感じさせず、「SE構法」を取り入れた安心感から夜もぐっすりと眠れて非常に住み易いです。自慢したいところは先に述べたこと以外では、1階のフルオープンスペースや脱衣所との仕切りが透明で広く感じる浴室、1階がタンクレス、3階がタンク式のトイレ、可愛らしいボールでカフェ風のラフな感じに仕上がった手洗い場なども自慢です。

奥様:25坪とは思えない広さだし、自然の木の匂いも良い感じで住み心地は最高です。
Q.お子様はどう感じていますか?
お嬢様:下の階を気にしなくていいので、思い切りはしゃげるからとても楽しい。

BACK TO TOP

CONTACT US

家づくりのご相談やご質問など、
お気軽にお問い合わせください

0120-688-770 営業時間 10:00~18:00 / 定休日 水曜日・火曜日(第2第3)

Contact for form

受付時間 10:00~18:00
定休日 水曜日・火曜日(第2第3)

PAGE TOP